立体マスク大人用の作り方!型紙から作ってみたら難易度が高かった

マスク

小池都知事が会見でしていたような立体型の布マスクを作ってみたい!

そう思って、プリーツタイプの使い捨てマスクから型を取り、大人用の立体マスクを作ってみました。

マスクがなかなか買えないので、洗って何度も使える大人用の布マスクを作りたいと思うあなた!

この記事を読めば、大人用の立体マスクを作れますよ。

赤ちゃんやペットにも安心。空間除菌なら除菌水ジーア

私が作った立体マスクの特徴

マスク着用

今回私が作った大人用立体マスクの特徴は以下です。

●顔半分覆える大きさ。
●プリーツタイプの使い捨てマスクの「ふつう」サイズから型紙を作った。
●表も裏もダブルガーゼを使って作った。
●ミシンを使って作った。
●安倍総理がしている形の布マスクよりも難易度が高い。

サイズは顔半分覆える位の大きさです。

小池都知事が会見でしていた布マスクより少し小さめです。

大人用布マスクを作ろうと思ったきっかけが、使い捨てマスクの在庫が少なくなってきたからです。

残り少ない使い捨てマスクを型紙として使いました。

アベノマスク型は、折ってゴムを通すところを直線で縫うだけなので、簡単に作れるのですが、今回作る立体マスクは、縫う場所が多いし、曲線部分を縫うので、難易度は高めとなっています。

アベノマスクより立体マスクの方がかっこいいかなと思って、ちょっと難易度高めですが、挑戦してみました。

肌触りが良いようにダブルガーゼを使って作ります。

それでは、大人用の立体マスクを作って行きましょう!

立体マスク大人用の作り方!材料

●使い捨てプリーツマスク・・・1枚
●白い紙・・・1枚
●ダブルガーゼ・・・1mあれば充分
●マスク用のゴム・・・27㎝2本

立体マスク大人用の作り方!型紙を作る

市販のプリーツ型の使い捨てマスクを使って型紙を取ります。
ウェルシアの『やわらかかぜ花粉マスク』のふつうサイズ17.5㎝×9㎝を使いました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ever_Blue21(@ever_blue_21)がシェアした投稿

マスクのプリーツ部分を広げて、半分に折り白い紙の上に乗せます。

画像のように、ゴムが付いている部分を紙の直線部分にそろえて、鉛筆でマスクの形になぞって下さい。

曲線部分はフリーハンドで、直線部分は定規を使うとキレイに型が取れますよ。
プリーツマスクから型紙作り

型紙の大きさは以下の画像を参考にして下さいね。

直線部分を伸ばして角度を測ってみたら、60度、直径が16.6cm。頂点から型紙の長さが7.9㎝でした。

型紙の大きさ

使い捨てマスクの手持ちがない場合は、

①直径16.6cm、60度の扇形を描く。
②頂点から7.9㎝のところを繋げる。

という方法で型紙を作る事が出来ます。

立体マスク大人用の作り方!布を切る

布を半分に折る。

輪の部分が型紙の一番短い部分になるように置きます。

型紙の周り1㎝ずつ縫いしろをつけて線を描いたものを2枚作り、布を切ります。
型紙に合わせて布を切る

切った布を広げると画像のような形になります。
切った布

立体マスク大人用の作り方!縫う

①布を中表に合わせて、曲線部分、端から1㎝の部分を縫う。

布のデザインが異なりますが、裏表フクロウのデザインの布だと思って見て下さい。
曲線部分を縫う

縫った部分を広げてアイロンをかけます。

②縫った部分を中央に移動してマスクの形にして周りを縫う。

①で縫った曲線部分を広げて、裏表位置を合わせて待ち針を留めておく。

画像の赤い破線部分、縫いしろ1㎝で縫って行きます。

この時、全部縫わないで5㎝ほど返し口として開けておいて下さい。
周りを縫う

③裏返して端ミシンをかける。
返し口から裏返して布を表に返します。

返し口を内側に折り込んでアイロンをかけてから、ぐるっと1周端ミシン(端から2~3mmの部分)をかけて下さい。
返し口を縫う

④ゴムを通す部分を縫う
端から1㎝内側に折り、端ミシンをかけます。
ゴムを通す部分を縫う

ゴムを通したら完成です!

まとめ

大人用の立体マスクの作り方を紹介しました。

ミシンを使って裁縫をするのに抵抗がないなら、ぜひ作ってみて下さいね。



今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク