冷蔵庫発酵のパンは二次発酵なしで焼けるからピクニックにもぴったり!

冷蔵庫発酵パン

こんにちは。ペンギン(@Garappa5)です。

子供達に添加物が入っていないパンを食べさせたくてホームベーカリーを使って食パンを焼いたり、成型パンを作ったりしています。

手作りパンを作る時こんな悩みありませんか?

ペンギン
ペンギン

捏ねるのが大変。
一次発酵、二次発酵と発酵に時間がかかる。

ネットでたまたま冷蔵庫で一晩パン生地を発酵させ、翌朝2次発酵しないで成型後すぐに焼くというパン作りの方法を見つけました。

考案したのが、吉永麻衣子さんという方で
『冷蔵庫で作りおきパンいつでも焼きたて』という本の著者です。

今回は、吉永麻衣子さんの著書『冷蔵庫で作りおきパンいつでも焼きたて』から冷蔵庫発酵パンの特徴、私が作ったパンを紹介します。

パンを簡単に作りたいと思う方はこの記事を是非読んでみて下さい。

スポンサーリンク

パン作りは大変

一般的なパン作りは、まず強力粉などの粉類と水や牛乳などの液体を混ぜて良く捏ね、
1次発酵、成形、2次発酵、焼く。
と工程が多く、時間もとても長くかかります。
しかもノンストップで発酵から焼くのまで行うので下手したら一日がかりになってしまいます。

冷蔵庫発酵パンの特徴

冷蔵庫発酵のパンは、捏ねる時間は2分程。
一次発酵は冷蔵庫の中。

生地は冷蔵庫の中で3日から5日保存する事が出来るので週末など時間がある時に作り置きをすることが出来ます。

二次発酵せずに成型後すぐに焼くことが出来るのでとても簡単なんです。

焼く工程はオーブン以外にフライパン、オーブントースター、魚焼きグリルを使って焼くことが出来ます。

冷蔵庫発酵パンの材料

本で紹介されている生地の種類は主に2種類で基本の生地と甘生地です。
基本の生地は甘さ控えめ、油なしなのでお食事パン向けの生地です。
甘生地は砂糖多め、卵、バターを使うのでおやつにぴったりの菓子パン向けの生地です。

基本の生地の材料
強力粉

砂糖
牛乳

イースト
甘生地の材料
強力粉

砂糖
牛乳


イースト
バター

基本の生地は使う材料が少ないので準備する手間が少ないし、バターなどの油分を入れないのでヘルシーなんです。

また、卵を使わないので卵アレルギーがある子供に作る事も出来ます。
牛乳を豆乳に変えて作れば牛乳アレルギー対応のパンを作ることも出来ます。

この生地を基に中に入れる具を変えたり、形を変えたりして色々なバリエーションのパンを
作ることが出来ます。
私が持っている吉永麻衣子さんのレシピ本には基本の生地で作る沢山のレシピが掲載されています。

私が冷蔵庫発酵パンを作る時の手順

夕方、または夜寝る前に作った生地を冷蔵庫に入れ一次次発酵させます。
大きな生地で保存する場合は5日以内であればいつでも焼いて食べることが出来るのですが、
私は生地を作った翌日に焼いています。

いくつかに切り分けたパン生地を焼く時は、成形後、
2次発酵なしで180度のオーブンで15分程焼きます。

忙しい朝でもすぐに出来るので、朝食やおやつにとても最適です。
レシピ本には、オーブントースター、魚焼きグリル、フライパンで焼く方法も載っています。

冷蔵庫発酵のパンは子供達にも大人気

朝から焼きたてのパンを食べるのは贅沢な気分になります。
いつも起きるのが遅い子供達も焼きたてのパンがある朝はいつもより早起きしてくれます。

ピザパン

子供達のお気に入りはピザパンです。
パン生地の上にケチャップを塗ってその上にハムやベーコン、コーン、枝豆など
お好みの材料を乗せチーズをかけて焼きます。
ピザパンは栄養バランスも良いので、朝食によく作っています。

冷蔵庫発酵のパンはピクニックにもぴったり

生地を時間がある時にまとめて作って冷蔵庫で保存出来るので、一度に沢山の種類のパンを作ることも出来ます。

この時はピクニックにパンを持って行こうと思い、色々な種類のパンを焼きました。
ベーコンパン

コーンパンwidth=

ピクニック

甘生地を使ってあんぱんを作りました。
あんぱん

あんぱんはあんこがゆるいと包むのが難しいので
水分の少ないあんこを使うようにした方が良いです。

冷蔵庫発酵パンの材料はcottaで買うのがおすすめ

冷蔵庫発酵パンはとても簡単に作れるので毎日でも作れるパンです。
毎日パンを作ろうとするとスーパーで売っている1㎏入りの強力粉だとすぐになくなってしまいます。

cottaなら5kg入りの強力粉も売っています。
重い強力粉でも自宅まで届けてくれるので助かります。

まとめ

冷蔵庫発酵パン、簡単なので超オススメです。

私が持っている吉永麻衣子さんのレシピ本にはパンのレシピ以外に
パンケーキ、スコーン、ドーナツなどが記載されています。

スコーンはまだ作ったことがないので、今度挑戦しようと思います。
また、吉永麻衣子さんはこの本以外にも沢山の
冷蔵庫発酵のパンレシピ本やお菓子作りの本を発行しているので、
次はお菓子の本を購入して、子供達が喜ぶような
おやつを作りたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で