水筒カバーの作り方!幼稚園の子供の水筒やペットボトルの持ち運びに便利!

アイキャッチ幼稚園
ペンギン
ペンギン

長男の水筒買ったばかりなのにもうボロボロ。
まだ使えるから買い替えたくない。

幼稚園に通っている長男の水筒がボロボロになってきたので、ボロ隠しのために水筒カバーを作ることにしました。

見た目はボロボロだけどまだ水筒としての機能は十分果たしているので簡単に捨てたくないと思ったんですよね。

私と同じようにまだ使えるけど、子供のボロボロの水筒を買い替えようと思っている人に『買い替えなくてもカバーを作ればまだ使えるよ。』と教えたくて記事にしました。

ミシンがあれば簡単に作れますよ。

市販品も気になる方はこちら!

水筒カバーの作り方をYouTubeで検索

『水筒カバーの作り方』と検索したらYouTubeで水筒カバーの作り方の動画が出てきたので動画を参考に作りました。

私が文章で作り方を説明するよりも動画の方がわかりやすいので、私と同じ水筒カバーを作る時はこちらの動画を参照して下さい。

私が作った水筒カバーの特徴
●どんなサイズの水筒のカバーでも作る事が出来る。
●底が四角なので簡単に作れる。
●ヒモのサイズを調節出来る。
●裏地付き。
●マジックテープで固定する。

どんなサイズの水筒のカバーでも作る事が出来る。

動画で本体の布の製図から紹介してますが、この方法ならどんなサイズの水筒のカバーでも作る事が出来るのです。

今回紹介した水筒カバーの作り方の動画を見ながらサイズが異なる長男の水筒カバーと次女の水筒カバーの2つを作りました。

長男の水筒カバー

次女の水筒カバー

長男の水筒はこちらの600ml入りの水筒を使っています。

次女の水筒はもともと旦那が使おうと思って買ったけど使わなかったこちらのようにヒモが付いていないタイプの水筒です。小学校に持っていく時にヒモがないと不便なので水筒カバーを作ってあげました。

500mlのペットボトルを入れたらピッタリだったので、ペットボトル入れとしても使えるサイズです。
次女の水筒

水筒カバー本体の布は長方形に切ります。

横の長さは水筒の円周に2.5㎝を足したもの。
縦の長さは水筒のカバーを付けたいところから底の円の半分までの長さに3㎝足したものです。

底が四角なので簡単に作れる。

市販されている水筒カバーは底が丸いので私も底が丸いカバーを作ろうと思っていました。

底が丸いと曲線を縫うことになるので大変ですよね。

でも動画で紹介している水筒カバーは底が四角くなるようにマチを作るだけなの直線に縫うだけで作る事が出来るんです。
水筒カバーの底

ヒモのサイズを調節出来る

ヒモはDリングに通して縫い付けてしまうのですが、移動かんを付ける事でサイズ調整が簡単に出来ます。

今回はヒモと移動カンはもともと水筒に付いていた物を使いました。

Dカン、移動カンは通販でも売っているので、もしないなら購入して下さいね。



裏地付き

裏地が付いているので1枚の布で作るよりも丈夫に出来ます。
裏地

裏地付きだと作るのが難しいのでは?と思うかもしれませんが、動画で作り方をわかりやすく紹介しているので簡単に作る事が出来ました。

マジックテープで固定する

市販の水筒カバーはファスナーで留めるタイプが多いのですが、動画で紹介されている水筒カバーはマジックテープで固定するタイプです。

ファスナーは水筒のサイズによって丁度良い長さのを探すのが大変だし、縫うのも難しいですよね。

でも、今回作った水筒カバーはマジックテープで固定するタイプなので簡単に縫う事が出来ました。

水筒カバーを手作りした感想

ボロボロになった水筒に手作りの水筒カバーを付ける事でボロ隠しになったので新品を買わずに済み節約になりました。

今回使ったDリング、布、ヒモ、移動かん全て自宅にある物を使って作る事が出来たので材料費はかからなかったので、手作りして良かったと思います。

YouTubeの動画を見ながら作って約2時間、2個目作った時は動画を見ないで作る事が出来たので、約1時間で作る事が出来ました。
直線縫いで端を処理も不要なのでとても簡単に作る事が出来ました。

長男、次女それぞれ好きなキャラクターの布を使って水筒カバーを作る事が出来たので子供に喜んで貰って嬉しかったです。

次女
次女

水筒カバー可愛い

布で出来ているので汚れたら洗濯機で簡単に洗う事が出来るのが良いですね。
ただ、布なので、擦れて穴が開いたりほつれてしまう恐れがあるので大事に使って欲しいと思いました。

子供の水筒カバーを作るきっかけは水筒のヒモのカビ

夏休み明け、久しぶりに長男の幼稚園に持っていく水筒を使おうと思って水筒のヒモを取り付けようとしたらヒモがカビてしまっていました。

そこで、プラスチックのパーツをヒモから外してヒモを洗濯したんです。

外したプラスチックのパーツは洗濯機の上に置いておいてヒモが乾いたら再びセットしようとしたのですが・・・

水筒と接続する時にはめるパーツが1つなくなってしまいました。

これがないと水筒にヒモを付ける事が出来ないんです。
幼稚園に持っていく時にヒモを斜めにかけるのでヒモがないと持っていくのに不便だし、幼稚園でもフックにヒモを引っ掛けておくのでヒモは必須なのです。

買い替えるのはもったいなので水筒カバーを作る事にした

ヒモを取り付けられなくなりましたが、水筒として使う事は出来るので買い替えるのはもったいないと思い、水筒カバーを作る事にしました。

丁度水筒が傷だらけでみすぼらしかったのでボロ隠しにもなるかなーなんて思ったり。
水筒の底

ペンギン
ペンギン

水筒カバーが初めから付いている水筒を買えば良かったな・・・。

幼稚園の体操着のシミ落としにはスポットる!

幼稚園で楽しく遊んでくれるのはとても嬉しいのですが、体操着についた泥汚れやお弁当の食べこぼしのシミ、なかなか落ちなくて困る。

シミに気付いてすぐに下洗いすれば洗濯機で落ちる場合もありますけど、汚れが残ってしまうことも・・・。

そんな時に便利なのが衣類用シミ抜き剤「スポッとる」

実際に3歳の末っ子の体操着についたお弁当の食べこぼしのシミや、体操着についた頑固な泥汚れがスポットるで落ちるのか試してみました。

そしたら、ついたばかりのカレーのシミがあっという間に落ち、古いシミでも、4回ほどスポットるを塗って乾かして洗濯機で洗っただけですっきりキレイに落ちたんです!

詳しくはこちらの記事に書いてあるので、子供の食べこぼしの汚れ落としに悩んでいる方は読んでみて下さいね。

スポッとる(染み抜き剤)を使ってみた!使い方や特徴を紹介!

まとめ

水筒のボロ隠しにYouTubeの作り方動画を見ながら水筒カバーを作成しました。

幼稚園の子供達の水筒観察してみたら、手作りの水筒カバー使っている子いませんでした。

それだけに、手作りだと『自分の!』ってわかりやすいので作って良かったです。

ペンギン
ペンギン

少ない材料で簡単に作る事が出来るのでお気に入りの布で作ってみて下さい。

今回表の布として使ったドラえもんとすみっコぐらしの布はこちらで購入出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク