【保育園入園準備】消しゴムハンコで名前付けメリットとデメリット

アイキャッチ 保育園

こんにちは。ペンギン(@Garappa5)です。

保育園の入園準備でたくさんの布類に名前を付けるのって大変じゃないですか?
名前スタンプもありますが、安くても1000円位しますよね?

三女の保育園入園が突然決まり、急いで入園準備をしました。
その時名前付けに大活躍したのが名前入りの消しゴムハンコです。

私は長女の保育園入園準備の頃から消しゴムハンコで名前付けをしています。

ペンギン
ペンギン

消しゴムハンコで作った名前入りのハンコで

名前付けをすると楽だし、経済的ですよ。

この記事では初めて消しゴムハンコで子供の名前ハンコを作ってみようと思っているあなたに私が実際に消しゴムハンコで名前付けをした時に感じたメリットとデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

保育園の入園準備で名前付けに消しゴムハンコを使うメリットとデメリット

実際に私が名前付けに消しゴムハンコを作って使って感じたメリットとデメリットを紹介します。

メリット

●1つ作れば子供でも短時間に名前を付ける事が出来る。
●布用インクでスタンプすれば洗濯しても消えないので書きなす必要がない。
●好きなデザインを自由に作る事が出来る。
●材料費が安い。
●愛着がわく。
●子供が喜ぶ。
●作るのが楽しい。

1つ作れば子供でも短時間に名前を付ける事が出来る。

消しゴムハンコを彫る作業は私がやったのですが、ハンコを捺して名前付けをしたのは小5の長女と小3の次女です。
私が夕飯の準備をしている1時間程の時間でハンコで名前を付ける作業が完了しました。
特に次女はハンコを捺す作業が楽しかったようで、喜んでお手伝いをしてくれました。

布用インクでスタンプすれば洗濯しても消えないので書きなす必要がない。

布に捺す時は布用のインクを使います。
布用インクはアイロンで15秒間定着させることで洗濯してもインクが落ちなくなります。

サインペンで名前を書くと洗濯を繰り返すたびに色が薄れて書き直さないとならなくて手間なのですが、布用インクは捺し直す必要がないので楽です。

好きなデザインを自由に作る事が出来る。

市販の名前スタンプありますが、デザインの選択の幅は狭いです。

どこでも もちものスタンプ マイキャラロング浸透印★補充インキ付【定形外★全国送料無料】シヤチハタおなまえスタンプ シャチハタ オリジナルキャラ お名前スタンプ 入学 入園 幼稚園 かわいい こども用 大人用 ハンコ 判子【メールオーダー式】

created by Rinker

でも、オリジナルの消しゴムハンコなら自分の好きな様にデザインする事が出来るので自由度が高いです。

子供が好きなキャラクターや動物の絵を入れた消しゴムハンコも作る事が出来ます。

字が読めない子供でもハンコのイラストを目印にする事が出来るので自分の物と認識する事が出来ます。

材料費が安い。

市販の名前入りスタンプは1000円以上しますが、消しゴムハンコの材料は100円ショップで買えるので材料費がとても安く経済的です。

消しゴムハンコ用の消しゴムのはがきサイズで売られているので、1つ買えばいくつもの消しゴムハンコを作る事が出来ます。

愛着がわく。

名前布
自分で作った物って出来、不出来がありますが、愛着がわきます。
苦労して作った分、出来た時は達成感があるし、誰かに自慢したくなります。

子供が喜ぶ。

子供が好きなキャラクターや動物の図案と名前を一緒にした消しゴムハンコを作ってあげると子供がとても喜んでくれます。

図案集から図案を映して作る事が出来るので絵が苦手でも可愛いハンコを作る事が出来ます。

三女も好きなペンギンの絵が入っている消しゴムハンコを見てとても喜んでくれました。
名前入り消しゴムハンコ

作るのが楽しい。

もともと手芸やものつくりが好きと言うこともあるので、あれこれ図案を考えたり、無心に消しゴムを彫る作業をしていると楽しい気持ちになります。

デメリット

●作るのに時間がかかる。
●デザインにより彫るのが大変。
●きれいに印影を捺すのが難しい。
●アイロン定着が少し手間。

作るのに時間がかかる。

図案によって作成時間が異なりますが、慣れないうちは時間がかかります。
今回、久しぶりに消しゴムハンコを作ったので、ペンギンデザインのハンコを彫るのに3時間程かかりました。

デザインにより彫るのが大変。

名前入りのハンコは狭いスペースかつ文字を彫るという細かい作業になるので彫るのが大変でした。

綺麗に彫らないと肝心の名前が読めなくなってしまうので、ハンコを捺して印影を確認しつつ細かい修正をしました。

きれいに印影を捺すのが難しい。

インクの付け方や捺し方で印影がかすれてしまうこともあります。
上手に捺せるように何回か紙に捺して練習すると良いでしょう。

アイロン定着が少し手間。

布にハンコを捺す場合、布用のインクを使います。

洗濯してもインクが落ちないようにする為にはアイロンを使って定着させる必要があります。
この作業が手間です。

探してみたところ、アイロンで定着させなくても洗濯で落ちない油性のマルチスタンプ台というのがあります。
マルチスタンプ台を使えばもっと名前付けが楽出来ますね。

created by Rinker
マルチスタンプパッド
¥700(2019/09/16 17:56:28時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

保育園の布類の名前付けに消しゴムハンコで作ったハンコを使った時に感じたメリットとデメリットを紹介しました。

メリット

●1つ作れば子供でも短時間に名前を付ける事が出来る。
●布用インクでスタンプすれば洗濯しても消えないので書きなす必要がない。
●好きなデザインを自由に作る事が出来る。
●材料費が安い。
●愛着がわく。
●子供が喜ぶ。
●作るのが楽しい。

デメリット

●作るのに時間がかかる。
●デザインにより彫るのが大変。
●きれいに印影を捺すのが難しい。
●アイロン定着が少し手間。

材料は100円ショップで揃うので工作する事が苦でないなら挑戦してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
保育園
ガラッパ

コメント