原鉄道模型博物館に行ってきた!混雑状況は?見所は?赤ちゃん連れでも大丈夫?

乗り物博物館

夏休み、きかんしゃトーマスのイベントを見に
横浜にある「原鉄道模型博物館」に家族で行ってきました。

きかんしゃトーマスのイベントでは、
イギリスの撮影で実際に使用された
本物のトーマスが展示されたり
スタンプラリーしたりと子供達が
とても喜んでいました。
トーマス

 

原鉄道模型博物館は、きかんしゃトーマスのイベントの
ようなイベントも定期的にやっているのですが、
常設展示として、鉄道模型の収集や製作などで
有名な「原 信太郎(はら のぶたろう)」さんの
貴重なコレクションの展示があります。

今回は原鉄道模型博物館の見所や混雑状況などを
紹介します。

スポンサーリンク

「原鉄道模型博物館」の見所3つ

原信太郎さん

私は鉄道の事は詳しくありません。
そんな私が選ぶ「原鉄道模型博物館」の見所を
3つ紹介します。

①「いちばんテツモパーク」
②原さんの鉄道模型コレクションの展示
③一番切符の展示

①「いちばんテツモパーク」

一般公開されている一番ゲージの室内ジオラマとして
世界一の規模を誇るのが「いちばんテツモパーク」。

鉄道模型がジオラマ内を走るのを見たり、
精巧に作られている町並みを見るのが楽しいです。
いちばんテツモパーク

ビックベン風

このジオラマで開催されているのが、
「動鉄実習」
本物の運転台を使って鉄道模型を動かすことが出来ます。
10時30分、12時30分、15時の1日3回。
各時間で10名が利用できます。

動鉄実習

以前行った「京王れーるランド」でも
ジオラマを走る鉄道模型の運転の体験がありましたが
こちらは別料金がかかりました。

でも、こちらの「動鉄実習」は無料で行うことが出来るんです!!

私が行った時は、最後の会で子供2人分
体験させることが出来ました。
車両にカメラが付いていて
その画像を見ながら運転出来るので
臨場感があって楽しかったです。
操縦してみた

体験する為には事前に整理券を
入口のスタッフから貰う必要があります。

②原さんの鉄道模型コレクションの展示

この博物館の名前にもなっている
鉄道模型の展示が素晴しいです。

鉄道模型は、昔ながらの蒸気機関車から電気機関車まで
あります。
日本の車両だけでなく、ヨーロッパやアメリカといった
海外を走っている鉄道の展示もあります。
汽車の鉄道模型width=

電車の鉄道模型

また、原さん自ら作成した本物の電車と同じように
鉄や電気を使ったパンタグラフなどで再現した
鉄道模型の展示も見ることが出来ます。

③一番切符の展示

私が、この博物館で
面白いなと思ったのが、「一番切符の展示」です。
一番切符とは、電車が開通して初めて発券される
切符の事です。

一番切符

切符は電車に乗る時に必ず必要ですよね。
切符にはナンバリングがされているのですが、
原さんは切符に「1」と記載されている切符を
集めるのも趣味としていたようです。

「1」と記載されている切符は
その電車に乗る為の切符を購入する第一号に
ならないとなりません。
その為に原さんは家族に協力して貰ったり、
時には学校を仮病で休んだりして
一番切符をGETしていました。

現在は自動改札機なので
切符は自動改札機を通すと自動的に
回収されてしまいますが、
自動改札機がない当時は切符の回収は
されなかったんですね。

「原鉄道模型博物館」の混雑状況

私は、お盆時期の日曜日の12時過ぎに
博物館に着きました。
館内はそこまで混んでいるという印象はありませんでした。
平日より祝日、土日は混み合うので
動鉄実習に参加する場合は
早めに整理券を貰うようにしましょう。

ちなみに私たちは12時15分頃に博物館に着いた時には
最後の回の残りがわずかでギリギリで子供2人分の
整理券をGETすることが出来ました。

「原鉄道模型博物館」は赤ちゃん連れでも大丈夫?

赤ちゃんのお世話に必要な施設があるか見てきました。

ベビーカーでの入館は可能?

「原鉄道模型博物館」は三井ビルディングの2階にあります。
ベビーカーでの入館は可能ですが、基本的には
1Fにベビーカーを置く場所があるので
そこにおいて行く事になります。
なので、抱っこ紐を持っていくことをおすすめします。

おむつ替えスペースはある?

館内にあるトイレにおむつを替える場所があります。

授乳室はある?

授乳室はありませんが、博物館外の
受付の横に、パーテーションで区切られた
簡易的な授乳スペースがありました。
使用する際にはスタッフに声をかけて使用します。
授乳室

調乳用のお湯の用意はないので
ミルクの場合はお湯を自宅から用意する必要があります。

荷物を預ける場所はある?

無料で使えるコインロッカーがあるので
荷物が多い場合はそちらに預けることが出来ます。

再入場は出来る?

再入場可能です。
再入場したい場合は、
あらかじめ手にブラックライト用の
スタンプを捺して貰う必要があるので
スタッフに声をかけるようにして下さい。

「原鉄道模型博物館」の基本情報

●場所
神奈川県横浜市西区高島一丁目1番2号
横浜三井ビルディング2階

●アクセス
JR「横浜駅」徒歩5分、
横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」徒歩2分

●駐車場
あり

●営業時間
10時~17時00分(最終入館 16:30)

●休館日
8月29日まで休まず営業
毎週火曜日(祝日の場合は翌営業日に振替)

●入館料
通常料金
大人 ¥1,000
中学・高校生 ¥700
小人(4歳以上)¥500 (消費税込)

JAF会員料金(通常料金の10%引き)
大人 ¥900
中学・高校生 ¥630
小人(4歳以上)¥450(消費税込)

JAFの会員登録はこちらから

まとめ

「原鉄道模型博物館」の見所3つ
①いちばんテツモパーク
②鉄道模型コレクションの展示
③一番切符の展示
「原鉄道模型博物館」の混雑状況
平日は空いていますが、
土日、祝日は少し混みあいます。
特に土日、祝日「動鉄実習」を希望するなら
早めに整理券を貰うことをおすすめします。
「原鉄道模型博物館」は赤ちゃん連れでも大丈夫?
ベビーカーは1階の置き場に置くこと。
館内におむつ替えスペースはあるが、
授乳室はなく、簡易的な授乳コーナーが設けてある。
調乳用のお湯はない。
無料で使えるコインロッカーがある。
再入場可能。
ペンギン
ペンギン

「原鉄道模型博物館」は電車好きな子供も
楽しめますが、気づいたらママやパパも
貴重な展示の数々を見て子供よりも
楽しんでいるかもしれません。
子鉄と一緒に行ってみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント