牛乳パックのびっくり箱の作り方。父の日にサプライズプレゼントしてみた。

工作

こんにちは、ペンギン(@Garappa5)です。

6月17日は父の日でした。

長女が父の日のプレゼントとしてしおりを作ったのですが、
普通に渡したらつまらない。
ということで、牛乳パックで簡単なびっくり箱を作成し、
お父さんをびっくりさせつつプレゼントを渡しました。

今日はサプライズプレゼントしたい時に使える
牛乳パックで作る簡単びっくり箱の作り方を紹介します。

しおりはこどもログハウスのおおいけらんどで作りました。
しおり

スポンサーリンク

材料

●1リットルの牛乳パック・・・3本
●輪ゴム・・・9本
●段ボール・・・適量
●リボン・・・6㎝
●ガムテープ・・・適量
●折り紙・・・4枚

作り方

牛乳パックと輪ゴムでバネを作る

①牛乳パックの注ぎ口と底を切る。
牛乳パックの注ぎ口と底を切る

②残った部分が3等分になるように幅6㎝で切る。
牛乳パック三等分

③下の写真の様に、対角線にゴムが通る様にゴムを通す為の溝を作り、
ゴムを通す。
ゴムの通し方

ゴムを通す溝を切っているところ。
ゴムの溝を切る

④同じものを全部で9個作る。

バネを入れる箱を作る

①段ボールに箱の展開図を書く。
箱の展開図

箱の底と蓋の大きさは、バネを折り畳んだ時の大きさにし、
高さは9個のバネを畳んで重ねた時の高さにして、
9個のバネが入る大きさの箱を作る。

作った牛乳パックのバネを使って写真の様に展開図を書く。
牛乳パックを使って展開図を書く

展開図を切ったところ。
展開図を切る

②線の部分に薄くカッターで切れ目を入れて折り、箱の形を作る。
箱を作る

箱

③箱の蓋の部分の中心に蓋を開けるためのリボンを付ける。
③お好みで箱に折り紙を貼ってデコレーションをする。
箱にデコレーション

びっくり箱の使い方

①箱の底にプレゼントを置く。
②プレゼントの上に牛乳パックのバネをゴムが伸びるように折り畳んで重ねて入れる。
③蓋をする。

びっくり箱を開けると・・・

こちらの動画の様に箱から牛乳パックのバネが勢いよく飛び出します。

びっくり箱を開けたお父さんの反応

箱から次々に飛び出す牛乳パックのバネに驚いていましたが、
楽しそうでした。
プレゼントのしおりを渡したらとても喜んでいました。

まとめ

今回は父の日のプレゼントとしてお父さんをびっくり箱で驚かせてみました。
びっくり箱は誕生日のサプライズでも使えたり、子供のおもちゃとしても楽しいです。

作り方も簡単で仕掛けが単純なので、小学校低学年から作ることが出来ます。
今回は9個の牛乳パックバネを箱に仕込みましたが、
もっと沢山の牛乳パックバネを箱に仕込むと
長く楽しめます。

あなたも是非作ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
工作
ガラッパ

コメント