アベノマスクのリメイク方法が話題!かわいい立体マスクに変身!

アベノマスクのリメイク方法が話題!かわいい立体マスクに変身!のアイキャッチマスク

4月16日から安倍総理が全世帯に布マスク2枚の配布がスタートしました。

既に届いた人からは

「小さい」
「ダサい」

などと批判的な意見が多いのです。

そんな中、アベノマスクを分解してガーゼとゴムとして立体マスクやプリーツマスクなどベツノマスクにリメイクする方法が話題になっています。

深刻なマスク不足で手作りの布マスクの材料であるダブルガーゼとマスクのゴムも手に入りにくい状況なので、アベノマスクをベツノマスクを作るための材料として使う方法は、とても賢いアイデアだなと思いました。

そこで、この記事では、アベノマスクをリメイクして、大人用のかわいい立体マスク(ベツノマスク)を作る方法を紹介します。

アベノマスクを解体するとシングルガーゼとして使える

アベノマスクは、成人男性が使用するには小さくて使いにくいですよね。

あごを隠せないし、鼻を隠すのも困難。

しかも、洗濯すると縮んでしまってさらに小さくなるという不満も・・・。

アベノマスクはデメリットばかりかと思いきや、メリットもあるのです。

それは、解体すると大き目のシングルガーゼになるということ。

アベノマスクは長方形のシングルガーゼを折り畳んでゴムを通す部分を2か所縫って作られているのです。

縫ってある場所は2か所なので解体も楽です!

アベノマスクは広い面積のシングルガーゼを使用してますが、小池都知事が使っている立体マスクは、ガーゼを使う面積が少ないのです。

しかもアベノマスクよりも大きく作る事が出来るという特徴があります。

内側をアベノマスクのシングルガーゼを使い、外側を別のかわいいデザインの布を使えば好みのデザインの大人用立体マスクに作り替えることができます。

アベノマスクをリメイク!1枚で家族3人分のプリーツマスクに変身!

アベノマスクのリメイク方法!大人用ベツノマスクの作り方

立体マスクを作る方法を紹介します。

型紙は、市販のプリーツタイプの使い捨てマスクを広げて型を取って作ります。
プリーツマスクから型紙作り

その型紙を使って、内側をアベノマスクのシングルガーゼに、外側をお好みのデザインの布を使って型紙の形に切ります。

内側は1枚だと薄いので、2枚重ねにするとよいと思います。
型紙に合わせて布を切る

立体マスクの形になるように縫って行きましょう!

詳しい作り方は、こちらの記事で紹介しているので参考にしてくださいね。
立体マスク大人用の作り方!ダブルガーゼ節約バージョン

内側だけアベノマスクを使って大人用立体マスクを作ると、アベノマスク1枚に対して2枚の立体マスクが作れるので、合計で4枚のマスクになるんです。

洗い替えにもなるし、家族用にも使えてよいですよね。

まとめ

アベノマスクを解体してかわいいデザインの大人用立体マスクにリメイクする方法を紹介しました。

小さくてダサくて、使えないと思っていたアベノマスクの有効活用に、リメイクしてかわいく作り替えてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク